HOME>クチコミ>AGAを放置して傷ついたことがある方のリアルな声

AGAを放置して傷ついたことがある方のリアルな声

笑顔の男性

AGA治療を早期に始めることによって、少しずつ薄毛は改善していきます。周囲からの視線が気になるのであれば、早めにクリニックへ足を運びましょう。早く治療を進めておけばよかったと後悔している人の声は少なくありません。

口コミ一覧

なんで坊主にしたの?って聞かれて本当に傷つきました!【26歳|男性|派遣社員】

まだ26歳という若さなのですが、髪の毛が数年前から少しずつ少なくなってしまい、そのままAGAを放置していました。自分に限って本当に薄毛になるとは考えてもいなかったので、多少抜け毛が多くても、髪の毛にボリュームがなくても放置状態だったのです。そして、気が付いてみると26歳になったときにはかなり薄毛が目立つようになったので、その時に薄毛が目立たないようにするために坊主にしたのです。そこまでは良かったのですが、友達や仕事仲間に急にどうして坊主にしたのかと聞かれてしまい、返す言葉もありませんでした。髪の毛が薄いから坊主にしたんだとはなかなか言えずにいました。もっと早くからAGAに対して横浜のクリニックで取り組みをしていればよかったです。

髪の毛が薄すぎて「ザビエル」というあだ名をつけられたんです。【34歳|男性|IT関係】

仕事は今はやりのIT関連で、仕事内容としてもとても充実していましたが、悩み事が一つだけありました。それはAGAで、まだ34歳だというのにかなり髪の毛は薄くなっていました。自分自身が一番薄毛のことを気にしていたのですが、仕事関係の人々から髪の毛があまりにも薄すぎてしまったのでザビエルというあだ名をつけられてしまっていたのです。しかも、自分がいないときに影で言われていたので非常にショックが大きかったです。仕事がとても忙しかったこともあり、AGAのことはそれほど気にせず何も治療を行っておりませんでした。その結果、こんなみっともないあだ名をつけられてしまったわけです。横浜のAGA治療院でもっと早くから治療をしていればよかったです。