HOME>オススメ情報>agaは放置をしても治らない!悪化してしまう前に早めに治療を

agaは放置をしても治らない!悪化してしまう前に早めに治療を

男性

どうしてagaは発症するの?

ここ10年ぐらいの間で、「薄毛=aga」という認識が世間一般に定着してきています。そうなったのは、世界で初めてagaを治す飲み薬が開発され、2005年に厚生労働省による認可が下りたのがキッカケです。agaは成人男性がなりやすい脱毛症で、男性ホルモンのテストステロンがDHT(悪玉男性ホルモン)に変化することで発症します。昔から薄毛に効くという民間療法は数知れずありましたが、今は医学の力で薄毛の悩みを解決できる時代です。agaの進行を抑える飲み薬は、日本全国にある発毛系の医療機関で処方しています。埼玉でも毛髪再生外来などの薄毛治療の専門外来がある医療機関に行けば、頭皮や体の状態にあった薬を出してもらえます。

男の人

若ハゲで悩まないで!自分に合ったagaの治療方法を受けよう。

早いうちから正しい知識を持って正しいケアをしていれば、agaの進行を止めて薄毛を予防できます。効率的に予防したいなら、自分であれこれするよりも、然るべき医療機関を受診して治療を受けることです。agaの飲み薬の価格は医療機関によってかなり違いますが、埼玉県内なら1か月分7千円くらいです。続けて飲み続ける必要があるので、通院しやすい範囲にある医療機関を受診することが大切です。まだ若くてそんなに高い治療費が支払えないなら、ジェネリック医薬品がお勧めです。ジェネリックなら先発医薬品と同じ有効成分が入っているのに、2千円から3千円くらいで購入できるので経済的です。agaのジェネリックはネットショップにもありますが、医療機関経由なら安全性が高い正規品を間違いなく購入できるので安心です。